Home > IR情報 > IRポリシー

IRポリシー

[1] ディスクロージャーの基本方針

株式会社モバイルファクトリー(以下、「当社」という)は、金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、正確、適時かつ公平に情報の開示を行います。適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまにとって有用であると判断されるものにつきましては、ホームページ等を通して積極的かつ公平な情報開示に努めます。

[2] 情報開示の方法

当社では金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて、迅速かつ公平な情報開示に努めてまいります。TDnetに公開した情報は、当IRサイトにおいても速やかに掲載いたします。また、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、投資家の皆さまのご要望に応えるべく、可能な範囲で積極的に開示する方針です。なお、IRサイトへの掲載についてはシステム上の問題や掲載準備等の理由により、情報開示の時期が遅れることがありますことを予めご了承ください。

[3] 将来の見通しについて

当社では東京証券取引所に提出する開示情報等、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、ニュースリリース、決算説明会やアナリストミーティング等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略等が含まれる場合があります。それらの情報は現時点で入手可能な情報に基づく、当社の判断による将来の見通しであり、経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等にかかわるリスクや不確実性を含んでいます。したがって、将来、実際に公表される業績等はこれらのさまざまの要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。また、当社は第三者による当社業績予想につきましては、いかなるものも支持することはいたしません。

[4] 沈黙期間について

当社は決算情報等、株価に影響を与える重要な情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算発表日前の一定期間を沈黙期間と定めて、IR活動を自粛しております。当該期間中のご質問・お問合せ・ご取材への対応につきましては差し控えております。ただし、当該期間中であっても、投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合は、この限りではありません。

[5] 社内体制の整備について

当社ではコンプライアンスの強化を目的に、「コンプライアンス規程」を制定し、社外の法律事務所と顧問契約を締結し、指導・アドバイスを受ける体制を整えております。

企業価値に大きな影響を与える事故等が発生した場合の対応については、「リスク管理規程」「危機対応規程」等により、対応のあり方並びに伝達経路の明確化が図られております。

「情報開示規程」のもと、情報開示の必要性並びに開示内容の妥当性を検討する体制を整えており、開示情報の取り扱いにおいては、役員並びに関係者のみで取り扱い、機密漏洩にも万全を期すよう体制を整えております。

内部統制が機能する体制を維持すべく、会社の組織・業務分掌・職務権限等を定めた各種規程の整備と運用並びに的確な内部監査の実施に取り組んでおります。

インサイダー取引の未然防止を図る観点から、「内部情報管理規程」「株式等売買管理規程」を制定し、役職員が職務に関して取得した内部情報の管理、役職員の株式等の売買、その他の取引の規制及び職務に際し、遵守すべき事項の徹底を図り、重要な会社情報の適時開示を心がけております。