Home > 会社案内 > CSR(社会へのとりくみ)

CSR(社会へのとりくみ)

コンプライアンス基本方針

モバイルファクトリーでは、あらゆる差別のない企業・社会の実現に向け、人権尊重の大切さやコンプライアンスについての研修/啓蒙活動を行い、人権意識の向上に努めています。さらに、ハラスメントや職場の人間関係に関する通報・カウンセリングのための窓口として社内外へのホットラインが設けられており、いつでも相談を受け付けられる体制を整えています。

社会に対する責任

「会社の規模に関わらず、その時点で可能な最大限の取り組みを行う」をコンセプトに社会へのとりくみを行なっています。

社会貢献活動

地域貢献 職業体験受け入れ

学生の企業訪問や職業体験受け入れも行なっています。

社会貢献 救缶鳥

社会貢献 救缶鳥
救缶鳥プロジェクトとは、非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できるプロジェクトです。

ユーザー・ビジネスパートナーに対する責任

お客様やお取引先等の関係者様に対して、誠実かつ公正な対応を従業員一同、常にこころがけています。

  • プライバシーポリシー遵守
    個人情報保護に関する法律やガイドライン等を遵守し、当社が事業遂行に際して取り扱う個人情報の適切な管理・運用・教育を行なっています。
  • 情報漏洩防止体制
    当社は、個人情報やその他機密情報の適正な管理に最大限の努力を払っております。 万一、個人情報やその他機密情報の漏洩事故が発生した場合には、迅速かつ適切な初期対応を着実に行ないます。 また、漏洩事故の事実調査を徹底的に行うとともに、調査結果・対応策・再発防止策を内外に的確に開示し、全ての関係者様との長期的な信頼を得られるよう最善を尽くします。
  • 反社会的勢力排除
    当社は、反社会的勢力との一切の関わりを排除しています。
  • ソーシャルメディアポリシー遵守
    ソーシャルメディアを利用したインターネットへの情報発信は、不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識し、情報発信にあたっては、法令や当社が定めた社内ルールを遵守するよう、管理・運用・教育を行なっています。
  • 外注先の公正な選定・活用
    諸業務を他企業に委託する際は、取引先との円滑な取引を目的とし、法令や当社が定めた社内ルールに則り、公正な外注先選定を行なっています。 また、取引を行なう際は、下請法の遵守を徹底しております。
  • インサイダー取引防止体制
    インサイダー取引を未然に防止するために、関係株の売買ルールの制定をし、管理・運用・教育を行なっています。

従業員に対する責任

モバイルファクトリーで働く期間を「ハッピーな期間」と思ってもらいたい。会社の成長に連動して働く誇りと喜びを実感してもらいたい。

従業員の健康や安全の確保を重視する方針

  1. 笑顔で過ごせるよう、未然予防に最善を注ぎます。
  2. 安全かつ快適で、毎日出勤したくなるような楽しい職場づくりを目指します。
  3. モバイルファクトリー社員の笑顔を通じ、家族・友人・ユーザーの皆様にハッピーを届けます。

ダイバーシティ推進の方針

  • 経営ビジョン・経営方針
    モバイルファクトリーは多様な個性や価値観を尊重し、社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるような組織風土体制とし、ステイクホルダーの皆様へハッピーを届けます。
  • 女性などの多様な人材活躍推進
    2017年度までに女性管理職30%以上
  • ワークライフバランス促進
    当社では、全ライフステージ(独身、夫婦、子育て世帯、介護、二世帯同居等)に適用したいという思いをこめ、全ての社員のライフステージを応援するプランを準備しています。
  • 多様性のある人材の採用
    当社のMissionおよび中期経営計画に共感できる人、価値観・クレド(Value・Credo)、当社の求める人物像の基準を満たしている人であれば、国籍、性別、年齢等、一切問わず、採用致します。
  • 成長する喜びを支援
    良いサービスを作り出し、当社のMissionを達成するために、主体的に学び、成長しようとする従業員を最大限支援します。